macに対応青色申告フリーソフト

mac(マック)に対応した青色申告フリーソフトで、初心者にお勧めなはやよいの青色申告オンラインになります。

「弥生ってあの有名な弥生ソフト?それが無料?」と思われるかもしれませんが、確かに無料で利用できます。

<スポンサーリンク>

フリーで利用できる期間は1年間

やよいの青色申告オンラインはmac対応で無料利用できますが、利用期間は1年間の期限付きです。
次年度からは年間利用料8,640円がかかるようになります。

やよいの青色申告オンライン料金プラン
無料体験プラン セルフプラン ベーシックプラン
2か月間 最初の1年間無料
次年度8,640円
初年度6,480円
次年度から12,960円
決算書
確定申告書作成が不可
全機能利用可
サポート無し
全機能利用可
電話・メールサポートが受けられる

エクセルベースの青色申告フリーソフトの問題

ここではあえて、エクセルベースの青色申告フリーソフトはお勧めしません。

理由は以下の3つです。

エクセルベースの青色申告ソフトをお勧めしない理由

  1. 操作が難しく青色申告初心者にとっては簿記3級資格の知識が必要なこと
  2. 永年フリーソフトだと運営者がいつでも対応を止められること
  3. 税法は1~2年ごとに細かく変わる為、フリーソフトだと対応されない可能性が高いこと

フリー(無料)であることの弊害を考えよう

通常のフリーソフトの多くはエクセルベースで作られていて、それが個人で運用されています。
開発者が税制を知り尽くしていれば問題ありませんが、計算方式が間違ってプログラムされていることもあります。

また、仕訳けなどの入力にガイド表示や説明が一切されていない事が多い為、青色申告初心者の場合は間違った帳簿を作成してしまう可能性が高くなります。

さらにフリーソフトのため、運営を続ける責任は開発者・提供者側にありません。
都合が悪くなればいつでも運営を止められるため、仮に1年間はフリーソフトで乗り切ったとしても、次の年にはそのソフトが無くなり、データを他のソフトに引き継げない事態になります。

そして税制変更にも細かくは対応しきれていないケースも多いようです。

これがフリーソフト(無料)の弊害です。
無料とは、その後の継続性が極めて低いものなのです。

よって、安易にフリーソフトに頼るのではなく、「経営母体がしっかりしていて、人気があって、使いやすソフト」を選ぶべきです。

やよいの青色申告オンラインは会計ソフトの大手で安心

やよいの青色申告オンライン

やよいの青色申告オンラインは初年度は無料で利用できますが、会計ソフトでは売上1位の大手会社が運営しているため、簡単に運営を終えることはありません。

困った時はベーシックプラン(初年度6,480円)に加入すればサポートも受けられるため、「macで青色申告のフリーソフトが無いかな」と思っている人には安心してお勧めできます。

もし長く青色申告をするなら他のソフトも比較してみましょう

青色申告ソフトで一度会計業務をスタートしてしまえば、その後は簡単に別のソフトへの乗り換えが難しくなります。
ソフト同士で完全に互換性が無い為、データのエクスポート・インポートが出来たとしても、手作業での修正は必ず必要になりそれが手間なのです。

よって、青色申告ソフトを導入するのであれば、他社のソフトとも比較してみましょう。

現在mac利用者によく選ばれている青色申告ソフトは?

mac利用者によく選ばれている青色申告ソフト

現在、mac利用者によく選ばれている青色申告ソフトは、以下の3社です。

青色申告者がよく導入しているソフト
クラウド会計ソフトfreee
  • シェア1位
  • 初心者に分かりやすく簿記知識不要
  • 年間利用料11,760円

(弊社が最初にお世話になったソフトです)

弥生の青色申告オンライン
  • シェア2位
  • 初年度無料で利用可能
マネーフォワード確定申告
  • 後発製品だが利用者増加中
  • 自動同期・自動仕訳けの為の口座対応数と安定性が一番良い
  • 年間利用料8,800円

(2016年から弊社も切替予定)

上記のソフトは”クラウド型会計ソフト”です。

インストール不要でIDとパスワードがあれば、mac/Windows問わずブラウザを利用して記帳や確定申告書類の作成が出来ます。

さらに、クラウド会計freeeとマネーフォワードではiPhone版のアプリも用意されていて、ちょっとした空き時間や外出中に、iPhoneで仕訳け・記帳をすることが可能です。

取引データは銀行やクレジットカードと同期して吸い上げるため、手入力がほとんど必要無い利便性の高い青色申告ソフトになっています。

上記3つのソフトは全てmacで利用出来るため、どれを選んでも青色申告を無事に済ませることが出来ます。

メールアドレスがあればすぐに体験版が利用できるため、気になったソフトは1度試してからの本導入をお勧めします。

まなぶ社長まなぶ社長

Macユーザーの多くがクラウド会計ソフトfreeeか[マネーフォワード確定tt]を利用しているようです。

この2つのソフトは、金融機関や通販、電子マネーと直接同期・連携して取引データを読み込んで、自動仕訳けする機能が素晴らしいです。

もしどうしても初年度無料で使いたい場合は、やよいの青色申告オンラインが良いでしょう。ただし、無料プランではサポートがありません。