ハイブリッド会計Crewのデメリット このソフトをお勧めしない理由

会計ソフトの導入を検討しているのであれば、弊社としてはハイブリッド会計Crewはお勧めしません。

お勧めしない理由

  1. ウェブ明細と同期・連携の対応数が少ない
  2. 他社ソフトに比べて手入力が多い
  3. 会計・帳簿作成初心者には分かりにくい

今までfreee、マネーフォワード・弥生のソフトを利用してきましたが、Crewはこれら他社ソフトと比較して差がありすぎると感じました。

<スポンサーリンク>

ハイブリッド会計Crewのデメリット

1.ウェブ明細と同期・連携の対応数が少ない

最近の会計ソフトはクラウドに移行しつつあり、その最大メリットは「銀行・クレジットカード・レジデータ・電子マネー・通販のウェブ明細との自動連係・同期」です。

ところがCrewの場合は、銀行・クレジットカード・電子マネーとの連携にしか対応していません。レジデータや通販(Amazonなど)のウェブ明細とは連携出来ないのです。

例えば経費を使ってAmazonで書籍を購入した場合、原則としては帳簿に1品目ごとに商品名を入力必要があります。

これがクラウド会計freeeやマネーフォワードはAmazonの取引データと直接同期・連携できるため、日付け・金額・商品名は手入力する必要がありません。

しかしCrewは同期・連携出来ないため、全て手入力が必要になり、無駄な経理作業の時間が増えてしまいます。

銀行やクレジットカードの連携にはマネーツリーという外部サービスの利用が不可欠

Crewとマネーツリーの連携画面

さらに、Crewで銀行やクレジットカードと連携させるには、「マネーツリー」という外部サービスを利用して、これと連携する仕組みです。
つまり、会計の帳簿作成のために2つのサービスを利用する必要があります。

しかしfreeeやマネーフォワードだと、会計管理画面から銀行やクレジットカードを直接選んで、連携・同期することが出来ます。
2つのサービスをわざわざ利用する必要が無く、手間が少ないのです。

2.他社ソフトに比べて手入力が多い

さらにCrewは、他社ソフトに比べると手入力が多いことも挙げられます。

「1.ウェブ明細と同期・連携の対応数が少ない」の段階で他社ソフトよりも手入力が多くなっている状態ですが、通常の取引入力画面でも手入力が多い仕様です。

Crewのデメリット2

例えば経費の登録画面。日付けの入力をするために、上の月のタブをクリックしてから、日付けを手入力する必要があります。

freeeの取引日入力

これがfreeeやマネーフォワードの場合は、カレンダーが表示されるためクリックするだけです。

Crewのデメリット2

税区分も毎回選択する必要があります。

これが他社ソフトだと、最初からよく利用するであろう「8%」に設定されていて、必要に応じてタブから変える仕組みです。
Crewだと、こういった手間も毎回かかります。

さらに、Crewは取引先を入力する欄もありません。
これでは、その経費がどこで購入したものなのかが後から分かりません。
他のソフトではこういうことが無いのですが・・。

3.会計・帳簿作成初心者には分かりにくい

ハイブリッド会計Crewの1つ目のデメリットは、初心者には分かりにくいことです。

例えば経費や売り上げの入力画面は、

crewのデメリット3

crewのデメリット3

全部同じ画面なのですが、ガイド説明は一切表示がされません。

crewのデメリット3勘定科目設定

勘定科目の設定も、ただ科目が表示されるだけです。

クラウド会計freeeの場合

これがクラウド会計freeeの場合だと、Crewとは全然違って親切です。

freeeの勘定科目設定

勘定科目の入力一つにしても、上記のように具体的な品目例やガイド表示があるため、帳簿作成初心者でも迷う心配がありません。

取引先の入力1

取引先の入力は過去直近の履歴を表示しますし、直近に入力が無い場合は、

取引先の入力2

会社名を1文字でも入れると、過去の入力履歴から推測で表示します。

このように、「なるべく手入力を少なくするように」と工夫された仕様になっています。
ハイブリッド会計Crewには、残念ながらこの親切さはありません。

なるべく手入力が少なくて親切な会計ソフトを導入するべき

以上、ハイブリッド会計Crewのデメリットと他社との比較をご紹介しました。

実際にお試し利用した感想としては、「そこまで投資せずに運用しているから、他社ソフトより使い勝手が劣るんじゃないのかな・・・」と思いました。
使いやすいソフトを作るには、それだけ人件費も資金もかかりますしね。

弊社は人数の少ないスモールビジネスの体制で行っているため、無駄な経理業務にはなるべく時間をかけないように、いろいろな会計ソフトを試した結果、クラウド会計ソフトfreeeを導入しました。

まなぶ社長まなぶ社長

経理や会計業務自体は売上を生む仕事ではないため、「なるべく手入力が少なく、簡単・便利・楽な」会計ソフトを選ぶべきだと思います。
手入力はミスも増やし、余計な業務時間を割く結果にも繋がります。

会計ソフトを選ぶ際は、しっかり比較検討することをお勧めします!