青色申告のやり方が分からない

今年から控除額が65万円の青色申告に挑戦してみよう!

と思ってちょっと調べたものの、複式簿記が必要と書いてあって凄く面倒くさそう。
やばい・・青色申告のやり方がよく分からない・・。

初めて青色申告に挑戦する人は、誰もが「もっと簡単に青色申告できる方法があったら」と思うものです。(私もそうでした)

ご安心ください。今はクラウド会計ソフトfreeeを使えば、複式簿記や会計の知識がまったく分からなくても、青色申告が出来るようになります。

<スポンサーリンク>

簿記の知識が分からなくても青色申告ができるソフト「クラウド会計freee」

簿記の知識が分からなくても青色申告ができるソフト「クラウド会計freee」

クラウド会計ソフトfreeeは私が初めての青色申告の時にお世話になったソフトです。
複式簿記、仕訳け、確定申告書類の作り方が全く分からなくても、freeeを使えば何とかなってしまいます。

私も複式簿記は全く分からなかった

当時は控除額65万円に惹かれて、税務署に青色申告決算開始の手続きだけはしました。
弥生の青色申告ソフトを買って、「少しずつ勉強していこう」とは思っていたのですが、気付けば1月末。確定申告書類の提出開始はもう目の前です。

弥生のソフトをインストールして、管理パネルを適当に操作しながら「これでいいんだろうか・・」と思いながら入力していました。

freeeの存在を知る

たまたま他の個人事業主のブログで「freeeを使ってから確定申告の手間が10分の1くらいに減りました!」という記事読んで、

「これなら私にでも使えそう!」と感じ、早速申し込みました。年間利用料11,760円ですが、確定申告書類の提出はもう目の前。今はなるべく手間をかけずに青色申告を済ませる事が優先です。

さらに弥生の青色申告ソフトで少しだけ作っていた帳簿は、PCの突然の故障でバックアップデータも無くゼロからのスタート。freeeに乗り換えることに決めました。

今思えば、この決断は大正解でした。

複式簿記の知識・仕訳け知識が無くても帳簿作成が簡単にできた

クラウド会計freeeを使ってみて驚いたのは、何となくの操作でも帳簿付けから青色申告書類の作成が出来てしまうことです。

どうして「何となくの操作」で青色申告が出来てしまうのか。
それは、いろんな入力場面で細かく親切なガイド表示がされるからです。

例えば、ちょっとした専門用語が出てくると「この箇所にはこういう情報を入力するんですよ」とガイド説明が表示されます。

また、初めての青色申告で一番面倒で分かりにくい帳簿作成のための”仕訳け”でも、ガイド表示や説明書きがされていて分かりやすい。

実際の画面をお見せしましょう。

青色申告の帳簿作成例

上記画像はfreeeの帳簿作成の登録画面です。
帳簿作成では「これは何の費用か」を登録する必要があります(これを勘定科目と言います)。

まず科目が「飲食費・営業関連の支払い・物品の購入・売上」などで分類されていて、それぞれに具体的な説明が表示されています。
さらに「交際費」であれば、マウスカーソルを乗せると「接待費・お歳暮・お中元・花代などが含まれます」とガイド表示がされます。

この説明とガイド表示に従って登録していくだけだったので、ほとんど迷うことなく帳簿作成が出来上がってしまいました。
さらに一番悩みのタネだった複式簿記は、帳簿から自動的に作ってくれました。

まなぶ社長まなぶ社長

他社のソフトだと、こういったガイド表示がほとんどありません。
ですので、青色申告をするには自分で仕訳けの勉強をする必要があったんですね。

銀行・クレジットカードの明細と直接同期・自動仕訳けする機能で経理の時間が大幅ダウン

さらにfreeeが持つ凄い機能は、銀行やクレジットカードのウェブ明細と直接同期して自動仕訳けします。つまり、ほぼ自動で帳簿の作成をしてくれるのです。

もう少し具体的にご紹介しましょう。

freeeの銀行口座・クレジットカード同期画面

freeeでは利用している銀行やクレジットカード・通販(アマゾンやASKULなど)・レジ・電子マネーとの直接同期登録が出来ます。
これらの口座と同期して、取引データを自動でfreeeの帳簿に反映させてくれるのです。

普通は領収書や売上表を見ながら「日付け・金額・取引内容・品目・勘定科目」を手で入力していたのが、freeeの同期機能のおかげでこれらの手入力の手間が無くなりました。

勘定科目だけは最初は自分で選んで登録する必要がありますが、2~3か月分も入力していけば、データの履歴からソフト側が推測・提案してくるようになるのでとても助かりました。

おかげで、今では帳簿作成には1カ月で30分ほどしかかかっていません。

まなぶ社長まなぶ社長

弊社は8割の取引が銀行・クレジットカード決済にしています。freeeの取引明細同期・連携機能のおかげで、手入力がほとんど無くなりました。

なお金融機関と直接同期できるソフトは、freeeと[マネーフォワード確定tt]のみです。
他社ソフトの場合は、MoneytreeやZaimなどの帳簿アプリに取り込んだデータと同期する方式です。これが面倒なんですよ。

確定申告書類の作成も「はい・いいえ」方式で質問に答えていくだけ

青色確定申告ソフトfreeeが複式簿記による帳簿作成を自動で作成してくれたので、残るは青色確定申告書の書類作成。

これもわざわざ勉強する必要が無く、ソフト側が「はい・いいえ」の方式で質問してくるものに対して、”はい”の場合に必要事項を記入していくだけで書類が完成してしまいます。

実際の画面をご紹介しましょう。

確定申告書の作成が分からなくても大丈夫

青色申告書類の作成が分からないと、「この項目にはどう書くんだろう?」と悩んでしまいますが、freeeではこのように質問形式で項目を埋めていくだけです。
最後に青色確定申告書がPDFファイルで出力されるので、印刷して提出するだけ。

「本当にこれで青色申告が出来たの?」と疑ってしまうくらい簡単に出来てしまいました。

青色申告が分からない人にこそfreeeがお勧め

青色申告のやり方が分からない場合はfreeeを使う

「青色申告のやり方が分からない」という不安が少し減ってきたでしょうか?

クラウド会計ソフトfreeeを使えば、青色申告の本などは買って勉強しなくても、簡単に複式簿記による帳簿作成から確定申告書類まで出来てしまいます。

私のように「青色申告のやり方が分からない」「帳簿の作成どうしよう・・」という悩みが無くなりますよ。

クラウド会計freee無料お試し申込みの詳細へ
まなぶ社長まなぶ社長

青色申告が分からない人、初めての人にこそfreeeのご利用をお勧めします。
「簡単・分かりやすい」と評判で、2015年のクラウド会計ソフトシェアでも1位を獲得したソフトです。