クラウド会計ソフトドレが便利で使いやすいのか

どーも、まなぶ社長です。

クラウド会計ソフト業界では、主に

弥生会計オンライン
クラウド会計ソフトfreee
・[マネーフォワード確定tt](マネーフォワード)

の3つから選ぶことになってる現状ですが、結局どれが一番便利で使いやすいのか??

という話を、私の利用経験から全てぶっちゃけてお話しします。

<スポンサーリンク>

弥生クラウドの手間はfreeeやMFの2倍くらい!

結論から先に言うと、クラウド会計ソフトfreeeか[マネーフォワード確定tt](マネーフォワード)を選んだ方が手間は少ないです。これ絶対。

弥生クラウドを使ってしまうと、freeeやMF(マネーフォワード)より2倍くらい手間がかかります。

私の実体験から正直に書いています。

弥生だといちいち前の画面に戻らないと全ての情報が入力できなかったり、銀行口座やクレジットカードのスマート取り込みも未熟。freeeやマネーフォワードだったら1画面でサクッと簡単に出来るのに・・。

手間例1:弥生はクレジットカードCSVが取り込めない

まず、弥生会計オンラインはクレジットカードのCSVが取り込めない。

同期対応しているクレジットカード会社ならCSVに頼らず、クレジットカード会社のサーバーから直接読み込んでくれるので問題は無いんですが、そもそも弥生が対応してるクレジットカード会社ってfreeeやマネーフォワードに比べてかなり少ないんです。

ですので、もし弥生会計オンラインに同期対応してないクレジットカードを使っていたら、明細を全てて入力することになります。

おかしいですよね、こんな仕様・・・。

手間例2:同期対応してるクレジットカード会社でも、取引情報の全てが入力できない

弥生のスマート取引取込で対応クレジットカードの情報を同期すると、こんな画面が表示されます↓

弥生スマート取引取り込

勘定科目は設定できるんですが、困ったことにこの画面で取引先の入力が出来ないんですね。

なので、1度この情報で登録した後に、別の画面を開いて取引先情報を手作業で入力しなくちゃいけません。いわゆる2度手間。

手間例3:銀行の手数料入力も面倒くさい

おまけに、弥生会計オンラインだと銀行入出金明細を取り込んでもクレジットカードと同じ仕様だし、売上金の手数料を引かれて入金した場合も別画面を開いて入力し直さなければいけません。

弥生の仕訳け画面

↑複式簿記形式で手数料、手数料に対する売掛金を再度入力し直す必要があります。

freeeやマネーフォワードだったら、こんなことする必要ありませんよ・・・。

手間例4:売上時の手数料が入力できない

最後の事例も取引入力時の手数料入力。

弥生、freee、マネーフォワード共に「かんたん取引入力」という機能があって、現金購入、現金収入なんかはこの画面を使えば楽に入力できます↓

弥生会計オンラインの手数料入力画面

↑この画面画像を見て、気付いた方はいらっしゃるでしょうか。

困ったことに、弥生会計オンラインだと、売掛金の売上を仕訳けする際、予め手数料分の仕訳けを付加する事が出来ないんですね・・。

freeeやマネーフォワードだったらこんな事ありません。
取り込んだクレジットカードの購入明細は、1画面で全ての情報が入力できますし、そもそも自動判別学習で取引先も自動的に入力された状態になります。

ということで結論です。

複式簿記がよく分からなく、経理に時間をかけたくないならfreeeかマネーフォワードを選べ!

私、経理知識がほとんど無い状態で3社のソフトを使った経験から断言しますが、現状ではクラウド会計ソフトfreeeか[マネーフォワード確定tt](マネーフォワード)を選んだ方が良いと思います。

弥生オンラインはリリースされた当時、freeeやマネーフォワードの超絶劣化版でしたが、現在はだいぶマシにはなりました。ですが、この記事で挙げた通りまだまだ未熟な仕様です。弥生さん、どうしてこんな仕様にしちゃったの???(涙)

どこのクライド会計ソフトを利用するか分からない方も多いと思いますが、「初年度無料」などの甘い誘惑だけに惑わされてソフトを選んでしまうと、のちのちの経理業務にかかる時間コストが高くなるだけです。

わたしの場合、今は顧問税理士の都合でやむなく弥生会計オンラインを使っているんですが、もうfreeeかMFに戻りたくて戻りたくて・・・(涙)

顧問税理士を雇う場合は、「クラウド会計のfreeeかマネーフォワードは使いこなせますか?」と聞いてからにしましょう。