クラウド会計ソフトの価格・利用料金比較

クラウド会計ソフトを利用料金で比較する意味

まなぶ社長まなぶ社長

クラウド会計ソフトを価格や利用料金で比較することに、あまり意味はありません。

なぜなら、会計ソフトによって価格・利用料金にはほとんど差が無く、利用できる機能とサポート違いがあるからです。

詳しく解説していきましょう。

法人の価格・料金比較はこちらです


<スポンサーリンク>

【個人事業主向け】クラウド会計主要三社の価格・利用料金

クラウド会計ソフト 年間利用料(税込) サポート 機能 金融機関など
同期対応数
freee スターター
9,800円
メール
チャット
直接同期可能

請求書機能無料

 

〇多い

銀行
クレジット
電子マネー
レジ
通販
モバイルSuica
その他

 

スタンダード
19,800円
メール
チャット(優先対応)
プレミアム
39,800円
メール
チャット
電話
(優先対応)
MFクラウド確定申告 ベーシックプラン
9,504円
メール
チャット
直接同期可能

請求書作成機能別途

◎最多

銀行
クレジット
電子マネー
レジ
通販
ASP
PayPal
モバイルSuica
その他

電話サポート付
18,576円
メール
チャット
電話
やよい青色 セルフプラン
8,640円
(初年度無料)
サポート無し 直接同期不可
外部帳簿作成サービスが必要
請求書作成機能別途
△少な目

銀行
クレジット
電子マネー
レジ
モバイルSuica
その他

ベーシックプラン
12,960円
(初年度半額6,480円)
電話
メール

個人事業主向けのクラウド会計ソフトの場合、電話サポートの有り無しで大きく料金が異なります。

メール+電話+チャットサポートが必要な場合

もしメール+チャット+電話サポートの3つが必要な場合は、freeeかMFクラウドの2択なります。

ですが電話サポートを利用する場合、freeeの場合は年間39,800円、MFクラウドの場合は年間が18,000円以上と料金が高くなるため、操作の慣れない1年目だけの利用お勧めです。
2年目からはチャット・メールサポートだけのプランに移行すれば、年間料金は1万円~2万円弱になります。

弊社では、サポートはチャットがあれば十分でした。

メール+チャットサポートで十分な場合

もし「電話サポートは必要ない、チャットとメールサポートで十分」という事業主であれば、freeeかMFクラウドでの2択になります。

金融機関やその他サービスとの同期・連携数も多いですし、利用料金も1万円を切るプランがあります。

「価格・機能・サポートが安定している」のはfreeeとMFクラウドです。

ただし、freeeは請求書作成機能が無料で利用できますが、MFクラウドの場合は別料金がかかります。

【関連記事】クラウド会計freeeとMFクラウドを徹底比較!どっちが良い?

「電話サポート有りでなるべく安く」の人

「電話サポート有りで、利用料金はなるべく安く抑えたい」という人は、弥生の白色・青色申告オンラインになります。

こちらは「初年度無料 or 半額」が売りになっていますが、無料プランだとサポートが受けられません。

また、弥生のソフトでは金融機関とのウェブ明細同期・連携は、freeeやMFクラウドのように直接できません。

Zaim・Moneytree・MoneyLookといった外部帳簿サービスで一旦帳簿を作ってから、弥生のソフトに同期・連携させる仕組みです。

本導入の決め手は「利用している金融機関との同期・連携が対応しているか」

クラウド会計ソフトはサポート体制によって料金が違いますが、選ぶために最優先することは「自社で利用している金融機関との同期・連携が対応しているか?」です。

同期・連携が対応していなければ、手入力やCSVファイルをアップロードする手間になり、その分帳簿作成にかかる時間が増えることになります。

本導入を決める前に、必ず体験版で自社の金融機関が同期・連携対応しているかを確認しましょう。

クラウド会計freee無料お試し申込みの詳細へ
MFクラウド確定申告無料お試し申込みの詳細へ
やよいの青色申告オンライン無料お試し申込みの詳細へ
やよいの白色申告オンライン無料お試し申込みの詳細へ

まなぶ社長まなぶ社長

クラウド会計ソフトはメールアドレスがあればすぐに無料体験できます。
自分が使っている銀行やクレジットカードを実際に同期させてみましょう。申込みから同期完了まで10分ほどで済みます。

ソフトの会計画面から直接金融機関と同期できるものは、freeeとMFクラウドだけです。弥生は一旦別の帳簿サービス記帳する必要があります。




【法人向け】クラウド会計ソフト主要三社の利用料金・価格

クラウド会計ソフト 年間利用料(税込) サポート 機能  金融機関など
同期対応数
freee ライト
月1,980円
メール
チャット
直接同期・連携
請求書機能無料
〇多い

銀行
クレジット
電子マネー
レジ
モバイルSuica
通販
その他

 

ビジネス
月3,980円
メール
チャット
電話
従業員管理・定期請求・合算請求・領収書・請求書の電子化
MFクラウド ライトプラン

23,522円

メール
チャット
直接同期・連携
電子証明書ソフトと連携不可
部門設定が2つまで
日次仕訳けデータバックアップ無し
仕訳け入力制限有クラウドストレージ100MB
◎最多

銀行
クレジット
電子マネー
レジ
通販
ASP
PayPal
モバイルSuica
その他

ベーシックプラン

35,402円

メール
チャット
電話
直接同期・連携
電子証明書ソフトとの連携可
登録可能部門数無制限
クラウドストレージ10GB
やよい会計オンライン セルフプラン

28,080円

サポート無し  直接同期・連携不可
外部帳簿作成サービスが必要
△少な目

銀行
クレジット
電子マネー
レジ
モバイルSuica
その他

ベーシックプラン

32,400円

電話
メール
まなぶ社長まなぶ社長

法人プランになると、年間で年間で最大1万円強の利用料金の差が出てきます。

そして、サポートや利用できる機能が各社で異なります。

決算書の作成はどのクラウド会計ソフトでもできますが、MFクラウドのプランのように電子証明書ソフト連携やバックアップなど、細かい部分が各社で違います。

法人向けにお勧めのクラウド会計ソフトはfreee・MFクラウド

法人向けのクラウド会計ソフトで一番お勧めは、freeeかMFクラウドです。

なぜなら、銀行やクレジットカード・レジなどのウェブ明細と直接同期できるのはこの2社ソフトのみだからです。

経理業務で一番時間がかかるものは、帳簿作成です。
金融機関や外部サービスと直接同期・連携が出来るほど、帳簿作成のための時間を減らすことが出来ます。

クラウド会計freee無料お試し申込みの詳細へ
MFクラウド会計(法人)無料お試し申込み詳細へ
弥生会計オンライン(法人)無料お試し申込みの詳細へ

まなぶ社長まなぶ社長

MFクラウドは同期対応している金融機関の種類が多くなっています。
もしfreeeのお試し導入中に「ウチが使っている銀行やカードが同期対応していない!」と分かったら、MFクラウドも申し込んで同期させてみましょう。