アフィリエイトの確定申告にクラウド会計がお勧め

アフィリエイトの確定申告には、クラウド会計ソフトの利用がお勧めです。

確定申告が初めてならクラウド会計freee、仕訳けの知識が既にある場合はMFクラウドを導入されると良いでしょう。

弊社のクラウド会計ソフト導入経験からその理由をご説明します。

<スポンサーリンク>

アフィリエイト事業にクラウド会計ソフトがお勧めの理由

アフィリエイト事業はネット決済が多い

アフィリエイト事業でのお金のやり取りは、ほとんどが銀行決済やクレジットカードなどのネット決済です。

ASPから直接銀行口座へ振り込み、クラウドソーシングでの外注はクレジットカードで支出、書籍はアマゾンで購入というケースが多いのではないでしょうか。

もし、これらの購入データが会計ソフトに自動で入力される環境になったら、どれだけ帳簿作成や確定申告が楽になるか想像できるでしょうか?

クラウド会計ソフトでは、これを可能にしてくれるのです。

クラウド会計ソフトはウェブ明細と同期して自動仕訳けしてくれる

クラウド会計ソフトを導入すると、銀行やクレジットカードなどのウェブ明細と同期してデータを吸い上げ、帳簿を自動で作成してくれます。

初めての取引きの場合は勘定科目の入力を行う手間がありますが、2回目からは同じ取引はソフトが自動で判別してくれるようになります。

A8ネットからアフィリエイト報酬が振り込まれた場合の自動仕訳け例

freeeにA8ネットからアフィリエイト報酬が振り込まれた例

例えば、A8ネット(ファンコミュニケーションズ)から、クラウド会計と同期しているのX銀行口座に振り込まれたとします。

するとクラウド会計ソフトがX銀行から自動同期でデータを吸い上げ、「入金日・振込金額・取引内容」などの情報を帳簿に自動入力してくれます。

管理者は勘定科目に「売上高」を選び、「自動」にチェックを入れて仕訳けは完了です。

「自動」にチェックを入れたため、次の月にファンコミュニケーションズから振り込みがあると、管理者は何もしなくても会計ソフトが自動で仕訳けをします。

Amazon・楽天・Paypalのデータとも同期できるから、経費の仕訳けも楽

クラウド会計ソフトの自動仕訳けは、経費登録でも便利です。
freeeとMFクラウドは、Amazon、楽天、ASKULなどの通販購入データとも同期出来ます。

アフィリエイト事業をしている場合、多くの人がAmazonで書籍や消耗品を購入するケースが多いですよね。
今までのインストール型会計ソフトの場合、長い書籍名や品名を手入力する必要がありました。

クラウド会計ソフトを導入すると、品名・金額・日付などの手入力がゼロになります。

Amazonとクラウド会計の同期データ【freeeの仕訳け済データ。品名・日付・金額・勘定科目が全て自動で入力されている】

上記はクラウド会計ソフトfreeeとアマゾンと同期して自動仕訳けされたデータです。
日付け。品名・金額が自動で入力済の状態になり、勘定科目も自動推測でiBuffalo製品は「消耗品費」、書籍は「新聞図書費」にしてくれています。

会計管理者は、その勘定科目に間違いが無いか確認して、「登録」をクリックするだけで帳簿の仕訳けが完了してしまいます。

※PayPalとも同期可能なソフトはMFクラウド確定申告のみです。

帳簿さえ出来てしまえば確定申告は簡単

クラウド会計で確定申告書類の作成1

帳簿さえ出来てしまえば、確定申告書類の作成は簡単です。
これもクラウド会計を導入すれば、ガイドに応じて住所や屋号などの箇所を入力し、

クラウド会計で確定申告書類の作成2

最後に青色申告(65万円控除・10万円控除)か白色申告かを選んで、申告決算書と確定申告書をPDF出力。
プリンターで印刷して税務署へ提出するだけです。

従来のインストール型ソフトと比べると、経理の手間が5分の1くらいになる

ざっとクラウド会計ソフトの概要をご紹介しましたが、どんなに便利なものかお分かり頂けましたでしょうか?

弊社の場合は、最初インストール型の弥生のソフトを、その後クラウド会計freeeに乗り換えてから、自動同期・自動経理のおかげで確定申告の手間が5分の1ほどになりました。

月末に30分ほど会計業務を行い、確定申告書類の作成に2時間ほどしかかからなくなりました。
おかげで、本業に集中できるようになって助かっています。

まなぶ社長まなぶ社長

前までは仕事をしながらも「あぁ・・・経理のことやっていないなぁ・・」と思いながらも後回しにして、確定申告時期に泣きそうになりながら帳簿と書類作成をしていました。

今はクラウド会計ソフトのおかげで、この悩みが消えました。

どのクラウド会計ソフトがお勧め?

アフィリエイト確定申告にお勧めのクラウド会計ソフト

確定申告が初めてのアフィリエイターさんであれば、ガイド表示が多くて分かりやすいクラウド会計ソフトfreeeがお勧めです。
複式簿記の知識などが無くても、freeeの指示に従って記帳していけば確定申告が出来るように作られたソフトです。

既に仕訳けの知識があるアフィリエイターさんであれば、口座同期対応数と安定性が一番良いMFクラウド確定申告がお勧めです。
ASPの売上データ同期、PayPal取引の同期が出来るのはMFクラウドさんだけです。

無料利用期間中に同期確認してから本導入を!

会計ソフトを導入する際の注意点ですが、無料利用期間中に自社が使っている銀行やクレジットカード、通販がそのクラウド会計で同期出来るかを確認しましょう。

何も考えずに会計ソフトを申し込んで料金を支払った後に、「自分が使っているクレジットカード、同期対応してない!」と後悔される人を何人も見てきたからです。

freeeでは同期対応していないクレジットカードでも、MFクラウドであれば対応していることもあります。
ですので、料金を支払って本導入を決める前に、必ず同期確認をしましょう。

弥生製品はアフィリエイターにお勧めません

弥生の白色・青色申告オンラインは、金融機関と直接同期に対応していないためお勧めしません。

なぜなら、弥生のソフトが言っている「同期」とは、「Zaim」「MonyeLook」などの外部サービスで帳簿を作って、そのデータと同期させる方式だからです。
これだと2つのサービスを利用する必要があるため、手間になります。

freeeやMFクラウドだと、ソフトの管理画面から金融機関などと直接同期・連携ができるため簡単です。

クラウド会計freee無料お試し申込みの詳細へ
MFクラウド確定申告無料お試し申込みの詳細へ