簿記知識ゼロ初めての青色確定申告

まなぶ社長まなぶ社長

初めての青色申告で困っていませんか?

私も初めての時は「どうしよう・・」と悩み気が重くなりましたが、簿記知識ゼロでも青色確定申告を2日で終える事が出来ました。

その理由は、クラウド会計ソフトfreeeに出会ったからです。


<スポンサーリンク>

帳簿作成のための手入力がほぼ不要になった

簿記知識ゼロで青色確定申告が2日で終わる
帳簿を作成するために、キーボードを打つ作業がほとんど不要でした。

私は帳簿作成なんて今までやったことが無かったし、どうやって作成するのかも分かりませんでした。
「1年分貯まった領収書やら納品書の品目なんかをデータ入力する必要あるのか・・」と憂鬱になっていましたが、freeeはそんな憂鬱な気分を吹き飛ばしてくれました。

銀行やクレジットカードの明細を自動取り込みしてくれる

すっごくありがたい、銀行・クレジットカード明細の取り込み機能!

freeeは自分が利用している銀行・クレジットカードと同期して明細を取り込んで、日付け・金額・取引内容のデータを自動入力してくれるのです。

明細を取り込んだ例

freeeの明細自動取り込み例

上記画像はfreeeでアマゾンのウェブ明細と同期して取り込んだものです。
私が行ったことは、freeeの管理画面からアマゾンへの同期登録をして、「同期・取り込み」をクリックしただけです。
すると、日付け・金額・取引内容・税区分が既に入力済の状態になります。

よって、この時点で帳簿作成の手入力がほとんど不要になりました。

残りの作業は「勘定科目(その取引が売上なのか経費なのか、経費なら何費になるか?)」を登録するだけです。

勘定科目の登録はクリックだけで済む

帳簿作成の残り作業は、勘定科目の登録でこれも簡単でした。
「勘定科目」をクリックすると、科目の一覧が表示されてそれを選択するだけです。ガイド表示もあるので「これは何費だろう」と迷う事がほとんどありません。
トナーカートリッジは消耗品費ですね。

「自動」にチェックを入れて登録することで、今後同じ取引があった場合は勘定科目の入力も不要、完全に自動化されるので楽です。

品目の設定も履歴から

消耗品費と言ってもいろんな商品があります。そこでfreeeは品目も簡単に設定して、あとでレポートにして見ることが出来ます。

freeeの品目設定

私はトナーカートリッジは「PC周辺消耗品」に登録してみました。これも「自動」にチェックを入れておけば、同じ取引があった場合に入力不要になります。

1度登録した品目は履歴で表示されるので、例えばプリンター用紙を新たに購入した場合は品目を履歴から選択するだけになるので楽ちんです。

ただし現金取引だけは手入力

現金取引登録

ほぼ経理が自動化できるfreeeですが、現金取引だけは手入力になります。

とはいえ、日付けはカレンダーから選び、勘定科目・品目もリストからクリックで選ぶだけです。
手入力が必要なのは主に金額の入力だけで、取引先は入力履歴があればこれも選択するだけです。

勘定科目(何の費用かの項目)だけはは最初の2か月間ほど自分で選択する必要はありましたが、データの履歴が貯まってくるとfreeeが推測して自動で振り分けてくれるようになります。

ほとんどクリックしていくだけで帳簿作成が終わる

こんな具合に、freeeを使えば同期した銀行・クレジットカードなどのデータの勘定科目と品目をクリック登録していくだけの簡単作業です。

freeeは他にも、アマゾン・楽天・ASKULなどの通販、レジデータなど多くのウェブ明細と同期してデータと簡単に同期することが出来ます。
同期設定は各ウェブ明細のIDとパスワードを入力して、取り込む期間を選択するだけです、

取引した量にもよりますが、ちょっとした個人事業主なら1年分の帳簿作成も1日で終わってしまいます。

残る作業は確定申告書類の作成だけになりました。
帳簿作成さえ出来てしまえばあとはもう簡単!2時間もあれば確定申告書類は出来上がります!

freeeは確定申告書類の作成は指示に従って入力するだけ

「確定申告書・・・どこにどう書けば良いか分からない・・・心配・・・」というお悩みは不要です。

freeeの確定申告書作成方法

freeeは青色申告のリストに必要な情報を入力していくだけです。
例えば事業所の名前、給与(あれば)、地代家賃(事務所家賃や、住まいの一部を経費にしている場合など)を入力していきますが、これは青色申告決算書は帳簿作成した時点で9割以上終わっています。

確定申告書B・一表・二表も作成も親切

青色確定申告書類は、青色決算書のほかに確定申告書Bと一表・二表の作成もする必要がありますが、freeeはこれも親切設計です。

freeeの確定申告書B・一表・二票も作成

上記のように「はい・いいえ」の方式を取っていて、「はい」だった場合に必要事項を入力していくだけです。

最後はPDFで確定申告書類が出力される

freeeの確定申告書類出力PDF

全ての入力が終わったら「確認」をクリック。青色申告書類がPDF出力されたものを印刷して税務署へ提出して終了です。

簿記知識無し、青色確定が初めてでも2日で完成することが出来ました!

まとめ

以上、クラウド会計freeeを実際に利用して、帳簿作成から青色確定申告書類作成の流れを簡単に解説しました。

freeeの感想をまとめると、以下になります。

クラウド会計ソフトfreeeはこんなソフト

  • クラウド会計freeeは手入力を極力省いた設計
  • 確定申告書の作成は質問に答えていく形式で分かりやすい
  • 簿記知識なし、初めての青色確定申告の人に分かりやすい
  • freee導入前に弥生の青色申告オンライン、MFクラウドの体験版を利用比較しましたが、初心者に一番易しく分かりやすかったのがfreeeでした。

    初めての青色申告にはクラウド会計ソフトfreeeがお勧めです。
    「複式簿記・・決算書・・、どうやって作るんだろう?」という悩みが無くなりますよ。

    クラウド会計freee無料お試し申込みの詳細へ
    まなぶ社長まなぶ社長

    金融機関や通販とのデータ同期・連携機能はすっごく便利です。

    1度この便利を味わってから、他のインストール型ソフトを使おうと思わなくなってしまいました。