個人事業主へお勧めのクラウド会計ソフトは「freee」「MFクラウド」「やよい白色・青色申告オンライン」の3社

まなぶ社長まなぶ社長

5社のクラウド会計ソフトを実際に利用・検証・比較した結果です。
この3社のソフトを選んでおけばとりあえずは大丈夫です。

使いやすさ・機能・サポート対応などを総合的に評価して順位を付けております。

  1. freee

    クラウド会計freee

    一番簡単で分かりやすい操作性が人気で、2015年クラウド会計シェア1位。同期したい口座が銀行・クレジットカード・Amazon・アスクルなどの通販・POSレジのみの個人事業主にお勧めのクラウド会計。モバイルSuica非対応。
    他社サービスと違い、見積書・納品書・請求書作成機能が無料かつ無制限で利用可能。青色申告書の作成も可能。チャットサポート付きで年間利用料9,800円

  2. MFクラウド確定申告

    000000011758

    新規加入・乗り換え伸び率が現在1位。銀行・クレジットカード・電子マネー・POSとの同期が一番安定している事が特徴。モバイルSuica、Paypal同期対応。管理画面上から無料のチャット・メール・電話サポートを受けられる。問題解決もスムーズ。サポート体制が一番手厚い。
    お試しで45日間無料で利用可能で、年額プランでも8,800円(税抜)、法令改正のアップデートも無償。確定申告書類も作成可能で、ネットビジネスの方に最適のクラウド会計サービス。

  3. やよいの青色・白色申告オンライン

    弥生の青色・白色申告オンライン

    会計ソフトの老舗で人気が高い。銀行やクレジットカードとの明細同期は「スマート取引取込」で自動取り込み&自動仕分けで楽ちん。
    利用料は初年度6,480円だが、次年度から12,960円。電話サポートの利用が出来る事が特徴。
    白色申告版は永年無料で利用できる。

  4. 当サイトで「Crew」と「ネットde会計」お勧めしない理由

    まなぶ社長まなぶ社長

    現状の機能と使いやすさから判断して、Crewとネットde会計は私はお勧めしません。
    もし気になっていた方は、両社ソフトとも無料体験期間が用意されていますので、実際に利用してみても良いでしょう。


    当サイトでは、「Crew」と「ネットde会計」のクラウド会計サービスはお勧めしておりません。

    なぜなら、Crewが自動同期出来る口座は銀行とクレジットカードのみで、通販・電子マネー・POSシステムの同期が未対応のためです。
    ネットde会計においては、自動同期機能自体が無く、全てCSVファイルを手動でアップロードする必要があります。

    これではせっかくのクラウド会計を利用するメリットが大きく損なわれてしまうため、当サイトでは「Crew」と「ネットde会計」の2社の情報や公式サイトなどへの紹介やリンクは基本的に割愛させて頂いております。